敏感肌のスキンケア

敏感肌とは?

敏感肌,化粧水,美白

普通の人には何でもないものでも、人によってまれにアレルギー反応を起こしてしまうことがあります。そういう肌を敏感肌といいます。例えば普通の化粧水や日焼け止め、乳液など、一般に広く出回っているものでも、敏感肌の人が使うと赤くただれたりカサカサになったりしてしまいます。

 

化粧品にとどまらず、敏感肌の人は生活環境の変化やストレスなどが原因で肌荒れを起こすこともあります。また、花粉や猫のフケ、買っているインコの羽から出る粉、紫外線などにアレルギー反応を起こし、肌が荒れてしまうこともあります。

 

敏感肌の場合には、使う化粧品や石鹸などはできるだけ無添加、低刺激のものにする必要があります。敏感肌は荒れやすいものですが、ケア次第で一般の肌よりも透明感があり、美肌を作れる可能性を秘めています。敏感肌専用の化粧品を使ってお肌のケアをするとよいでしょう。

 

化粧水がお肌にしみる

新しく買った化粧水を初めて使ったとき、肌がピリピリしたりかゆくなったりすることがあります。しかしピリピリしたからと言って必ずしも敏感肌なのではりません。初めての化粧品を使うと、肌がびっくりして反応を起こしてしまうことがあるのです。または、肌が荒れているときに使うと、敏感肌ではなくてもしみることがあります。そんな場合にはオイル系の化粧品で肌を保護し、荒れが収まってから再び使ってみましょう。

 

使用をやめた方がいいのは、化粧水を使って5分後くらいからじわじわと赤くなる場合や、かゆみが2日くらいたっても消えないときなどです。それは化粧品が肌に合っていないのでしょう。肌に合わない化粧品が多い場合、敏感肌と考えることができます。

 

敏感肌の化粧品選びは困難?

敏感肌だと使える化粧品が限られてしまいます。冬の乾燥する季節には保湿することが必要です。それなのに使える化粧水がなかったら、それは困りますね。紫外線アレルギーがあるので日焼け止めを使いたくても、使える日焼け止め見つからない…。確かにこまります。敏感肌は現代人に多い悩みとなっています。その需要にこたえて、敏感肌用の化粧品が開発されています。口コミの評判などを参考にしながら自分の肌にあった化粧品を見つけていきましょう。